• 多彩なレイアウトを作り出せるファイルメーカー

    • Data Baseを作る事が出来る、容易に作ることが出来るソフトウェアにファイルメーカーがあります。



      Data Baseと言うと難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。
      しかし、ファイルメーカーは画面にFieldと呼ばれている情報を格納する箱を配置するだけでData Baseを作ることが出来る、ファイルメーカーに付属されているチュートリアルを利用すれば初心者でもData Baseを作る事が出来ます。

      情報が集まっているものがData Baseですが、その代表的なものとして住所録があります。

      住所録には氏名、住所、電話番号、郵便番号と言う4つの情報を整理することで利用価値を生みだしてくれます。
      この4つの情報を格納しているものがField、人の数をRecordと呼びます。

      Recordはいわゆるページに相当するもので、住所録が増える事でRecordが増えていく、そしてページが増える事になります。


      ファイルメーカーにはレイアウトモードがあり、レイアウトモードにすることで必要なFieldを画面上に配置していく形でData Baseを作る事が出来るようになります。



      住所録は葉書などに印字を行う時にも利用出来るデータベースで、葉書に印字するレイアウトを作れば、データベースで検索を行った人の葉書をプリンターで印刷することが出来るようになります。

      ファイルメーカーEC2を知りたいならこちらです。

      また、ファイルメーカーのレイアウトモードは、複数のレイアウトを作成することが出来るようになっており、住所録のリスト用のレイアウトを作成することも出来ますし、必要なFiledだけを画面上に配置する事も出来ます。

  • よく解る情報

  • 基本知識

    • ファイルメーカーの便利なところ

      インターネットを始めるとどんどんと必要なデータが増えて来ます。IDやパスワードはIEの場合インターネットオプションのコンテンツからオートコンプリートの設定をたどりフォームのユーザー及びパスワードのパスワードの保存前に確認にチェックを入れてOKをクリックし閉じると設定できます。...

  • 驚く情報・大事な科学の事

    • ファイルメーカーを使うことで変わること

      ファイルメーカーはさまざまな利点があるのですが、特にビジネスの現場で利用することで大きな良い変化をもたらしてくれると好評を得ています。利点の1つはデータの管理の簡単なことです。...

    • ファイルメーカーアプリの特徴

      ファイルメーカーで作られているアプリケーションは他のプラットフォームに比べてデザイン面、使い勝手がよいと好評なのですが、ファイルメーカーは作成、データ保全についてかなり厳しい品質チェックを行っており、どのような環境でも使いやすいプラットフォームを目指してます。ファイルメーカーのアプリはMac、Windowsだけではなく、WebやIOS環境でも対応しています。...