• ファイルメーカーを使うことで変わること

    ファイルメーカーはさまざまな利点があるのですが、特にビジネスの現場で利用することで大きな良い変化をもたらしてくれると好評を得ています。

    厳選したファイルメーカーの知りたかった情報がきっと見つかります。

    利点の1つはデータの管理の簡単なことです。

    データベースなのだからデータを取り込めるのは当たり前と思われがちですが、一般的にデータベースに読み込めるデータフォーマットは限られています。
    そのため、データコンバート処理が必要となるケースが多いのです。

    データコンバートは費用がかかったり、時間がかかったり、ま他コンバート後のデータを確認しなくてはならないなど手間が大変かかります。
    しかし、ファイルメーカーの場合は対応するフォーマットがとても多いのでデータをそのまま読み込みすぐにデータベースに取り込めます。
    もちろん、エラー処理も対応できますからさまざまなデータを取り込まなくてはならない環境でも十分使えるプラットフォームとなっています。また、ファイルメーカーの利点は出力でもあります。



    出力と言えばグラフ表示が多くなりますが、ファイルメーカーではグラフを含めてさまざまな出力に合わせたテンプレートを用意しています。
    テンプレートはビジネスに合わせて用意されてもいるので各部署や企業ですぐに使えるものばかりです。


    データベースを扱う環境としてはSQLなどの利用が必要になってきますが、ファイルメーカーでは極力SQLを使わない設計となっており、開発環境を初めて使うという方もトレーニングにかかる時間が短くて済むのも利点と考える方が多いです。