• ファイルメーカーアプリの特徴

    ファイルメーカーで作られているアプリケーションは他のプラットフォームに比べてデザイン面、使い勝手がよいと好評なのですが、ファイルメーカーは作成、データ保全についてかなり厳しい品質チェックを行っており、どのような環境でも使いやすいプラットフォームを目指してます。
    ファイルメーカーのアプリはMac、Windowsだけではなく、WebやIOS環境でも対応しています。

    ファイルメーカーEC2に興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

    他のプラットフォームでも対応が進められていますが、アプリに制限があったり、データの扱い方が違うなど統一された環境になっていないケースが多いようです。

    しかし、ファイルメーカーのアプリは1度作ればシームレスにどの環境でも動作します。



    また、ネットワーク対応ですから離れた場所であっても各種携帯通信を利用することもでき、場所を選ばず、動作環境を選ばずに利用できると好評です。


    また、各種データへの対応も柔軟性がとても高いです。



    一般的にデータベース開発環境ではベンダーロックインの状態が多いのですが、ベンダー問わずデータベースが扱えること、また、多くのファイルフォーマットに対応しているのでコンバート無しで柔軟に読み込めることがポイントと考える方も多いです。
    特にビジネスの現場で多い、エクセルへの対応が進んでおり、会社で蓄積されたデータの掘り起こしを行う企業がよく利用しています。

    その際、エクセルのバージョンを気にせず取り込めるので作業効率がとてもよいと好評を得ています。