• ファイルメーカーでできること

    スマートフォンやタブレットの普及で、どこでも情報が引き出せる環境になりました。

    いままでは知り得なかった情報にも簡単にアクセスできます。

    そのような情報を検索できる状態で保管するのがデータベースです。



    ただ闇雲に保管されたデータでは何も機能することはありません。

    ファイルメーカーに関する耳より情報です。

    検索性のあるキーワードと一緒に登録することで、必要なデータを呼び出すことができます。


    その管理する環境を提供できるのがデーターベースソフトです。
    ファイルメーカーは統合されたプラットフォームを持つデータベースソフトに一つです。

    データの入力するための環境は組み込み済みのテンプレートを使用することですぐに開始することができます。

    視覚的にわかりやすいデザインがファイルメーカーの特徴です。

    紙で記録していた帳票と変わらない見た目で、入力者の負担を低減します。
    入力環境を選ばないのがファイルメーカーの強みです。

    オフィスでの入力はもちろんのこと、タブレットなどを利用した外出先での入力もサポートしています。



    保管したデータの検索も同じように環境を選ぶことなく利用可能です。


    Webによる閲覧も可能なので、端末に依存することなく、ネットワークに繋がっていればいつでも必要なデータを見ることができます。保管されたデータから集計した結果を組み込み済みのレポートツールで表示することもできます。
    つまり導入しただけで簡単に使えるデーターベース環境を構築することが可能です。